Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「BRUTUS」No.711「娯楽のチカラ。」

娯楽について、松本人志は「なけりゃないでどうにでもなるもん」で「やっぱり非力なもの」と語っている。また、だからこそ「非力で終わらせないためにどう頑張ったらいいのか。それが永遠のテーマなんです」とも。一流の人というのは、自らの無力さを知り、だからこそ、努力を怠らない人のことです。

BRUTUS (ブルータス) 2011年 7/1号 [雑誌]








Brutus | マガジンワールド