Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「en-taxi」Vol.32「作家たちの東日本大震災」

「わからないこと、判断に迷うことが多すぎて、ふだん通りの生活を心がけつつ、今まで通りの生き方でいいのだろうか、と問い直してばかりいる。まだ何ひとつ答えが出ていない」という萩原魚雷さんの言葉にシンパシーを覚えた。私たちはただ「ほんとうのこと」を知りたいだけなのだ。なのに、誰も「ほんとうのこと」を教えてくれない。いまだ多くの人たちが漠然とした不安を抱えながら路頭に迷っている。

en-taxi No.32 大特集 東日本大震災 (ODAIBA MOOK)








en-taxi|雑誌|扶桑社