Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「希望の国のエクソダス」村上龍

「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが、希望だけがない」という一節に導かれて、村上龍の『希望の国エクソダス』という小説を読んだ。もやもやといろいろなことを考えたけど、私たちはやっぱり、あいまいで、不確かな世界を、力強く生きていかねばならないのだということを確信した。唯一、確かなものがあるとすれば、身近にいる大切なひとたちを、ただひたすら信じるということだけだ。

希望の国のエクソダス (文春文庫)








文春文庫『希望の国のエクソダス』村上 龍 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS