Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「乱暴と待機」冨永昌敬

恨みとか、妬みとか、憎しみとか、そういったものを、傷口に塩を塗り込むように抉っていく凄まじさが、本谷有希子の作品にはある。それをユーモアで包み込み(もちろんブラックです)、最後の最後、ほんのわずかに希望を感じさせるところが彼女の才なのではないかと。それにしても「もうその辺はさあ、積極的に麻痺していこうよ」という台詞はすごい!


株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト